【updraft】スポーツキャリアデザインの新しいあり方へ

〜アスリートの資質・行動特性を分析し汎用性の高いキャリアトレーニング実施に向けての業務提携〜updraft

「Bennovation®(ビノベーション®)」という行動変革に焦点を当て、組織の“関係の質”を向上させる手法で組織開発を手がけるブライトン・コンサルティング株式会社(本社:東京都千代田区 代表取締役:前川 明海)と、スポーツにおけるキャリアサポートの確立及び、アスリート育成における指導者と選手の関係の質向上という観点で事業提携致しました。

 

本提携はTOiRO株式会社のスポーツキャリアトレーニング事業(updraft)において、ブライトン・コンサルティング株式会社が開発・提供している「ビノベーション®レポート」を活用することで、アスリートの行動特性をデータ化しスポーツ界に新しい育成手法を提供することを目的としております。

自ら主体的にキャリア形成していくための行動変革診断である「キャリビノ」をいち早くスポーツキャリアデザインの領域に取り入れることで、アスリートとしての資質の向上を仕事の資質に変換し可視化するなど、育成現場における新しい基準やあり方を創出して参ります。

今後は、ブライトン・コンサルティング株式会社が開発運営する、モチベーション特性、ストレス特性などを数値化するビノベーションレポート(データ)と、TOiRO株式会社が独自開発、運営してきたキャリアトレーニング(リアル)を融合し、スポーツキャリアデザインにおける新しい在り方を創造して参ります。

前川 明海(AKIUMI MAEKAWA)
ブライトン・コンサルティング株式会社
代表取締役
https://www.brighten-consulting.com
Athlete Bennovation®︎ Institute 代表
ソフトバンク株式会社の社内講師としての活動が「ソフトバンク人材開発の秘密」と題するWEB記事に取り上げられたことがきっかけで、ソフトバンクより副業許可を得て社外に対し研修及び人材開発を提供。 2017年12月にソフトバンクを退職し独立。副業期間より開発を始めた行動特性の見える化アセスメント「ビノべーション®レポート(以下、ビノレポ)」でスポーツチームのサポートを開始。早稲田大学アメフト部の東日本リーグ全勝優勝にもデータ活用で貢献。行動特性データ(ビノレポ)を活用した個人へのアドバイスは元より、チーム内コミュニケーションの飛躍的な向上を実現するデータ活用で様々な取り組みを実施し6000人を超える人々にビノレポを提供。アスリートの競技力向上~就活支援へのシームレスな活動実績が評価され、スポーツ庁支援事業「アスリートキャリアコーディネーター育成プログラム」の診断ツールとして採用され、診断パートの講師として登壇が決定。
スポーツ現場での行動特性データの活用を広めるべく、データ活用実践者の方々と発起人として同研究会を発足。