【PR】<大学関係者様>未経験学生のための最初のインターンシップ 「Mirai Ship FIRST」がスタート!

プレスリリース

~ 参加学生満足度95% キャリア教育と連動した単位認定インターンシップをプロデュース ~

2015年にスタートした教育型インターンシッププログラム「Mirai Ship(ミライシップ)」には、これまで55大学から学生が参加し、大学1‐2年生向けに行われてきましたが、現在は学年を拡大し全学年のインターンシップを受け入れています。
Mirai Shipの大きな特長はインターンシッププログラムとキャリアデザインとの連携。また、複数の大学とも連携することにより、単位認定インターンシップを実現させています。

インターンシップは近年の大学教育で重要視されていますが、大学関係者からはインターンシップ先の開拓・学生との調整がなかなか難しいとの声や、参加する学生にとっても最初の参加にはとても不安があるとの声が挙がっています。
そこでMirai Shipでは、大学に代わって単位認定型のインターンシップを手がける「Mirai Ship FIRST(ミライシップファースト)」をスタート。インターンシップに参加したことのない学生を主な対象とし、各大学・各学部のニーズに合わせた初めてのインターンシップをサポートします。

また、本プログラムに合わせて、大学の正規科目を担当する外部受託事業も開始いたします。

【A】インターンシップサポート
<名称>「Mirai Ship FIRST(ミライシップファースト)」

<特長>
1,キャリア教育と連動したインターンシッププログラム
2,体験する「対面型」と、インターネットで行う「オンライン型」の2タイプを用意(併用も可)
3,大学や学部の特長やニーズに合わせたプログラムをプロデュースし、単位認定基準をクリア

<主な対象者>1~4年生でインターンシップ未経験の学生
<対象大学>※次の2つのタイプに分けられます。
1,対面型インターンは東京・埼玉・千葉・神奈川にある大学のみ(オンラインも可)
2,オンライン型インターンは全国の大学

①プログラム事例

事例①:A大学
A大学の経営系を学ぶ学部では、2年生での10日間のインターンシップが必修。参加者のほぼ全員がはじめてのインターンシップとなることから、Mirai Shipでは複数の企業を体験できるプログラムを提案。 3つの企業を体験するインターンシップをプロデュース。体験方法は企業を訪問する対面型で、課題解決型学習と企業体験をテーマにした。

■1~3日:A社(1社目)
コンサルティング会社にて課題解決技法を学習。その後に訪問する2つの企業では、企業が抱える課題解決に取り組むことから、そのための基礎となる課題解決法の基礎を学ぶ。

■4~6日:B社(2社目)
IT企業にて新商品開発を体験。eコマースを活用した売れる商品づくりがテーマ。マーケティング調査を行い、最後に役員を相手にプレゼンテーション。

■7~9日:C社(3社目)
マーケティング会社にて、SNSでバズる企画の提案。近年新たなコミュニケーションツールとして広がったSNSを活用したPRは注目されており、そこで流行るコンテンツやバズワードなどを調査。WEBに掲載する記事見本を執筆してプレゼンテーション。

■10日:A社(1社目)
1社目のコンサルティング会社に戻って2社の体験を総括。参加者全員で振り返りを行い、キャリアコンサルタントによるアドバイスも実施。

事例②:B大学
B大学のメディア系を学ぶ学部では、インターンシップを社会連携プログラムの中核的プログラムとして位置付けており、企業研究や業種選びに反映することを目指した内容を希望。しかし、2020年はコロナによって対面型の実施が難しくなったことから、全日程をオンラインで実施。メディアの企画に興味のある学生と、その先の映像制作にまで興味のある学生がいることから、5日間と10日間のプログラムを用意した。

■1日:キャリア診断コンサルティング

働く人々の行動変容を促進し、その能力を最大限に引き出すために開発されたアセスメントの「ビノベーション・レポート診断」を実施。これは「ビノグラム(基本要素)」「モチベーション特性」「ストレス特性」といった3つの指標から個人のリフレクション(内省)を促し、キャリア形成を支援するもの。図や表で見やすく表示された個人レポートは参加者に渡され、キャリアコンサルタント(国家資格保有者)やキャリアプロデューサーによる解説を行った。

■2~5日:企画提案
映像制作企業にて動画制作の企画を担当。某食品会社のブランド商品の価値を高めることを目的に、企画書を作成。役員へプレゼンテーション。

■6日~10日:映像コンテンツ企画
2~5日の間で立案した企画をベースに、実際の映像コンテンツ企画を立案。ターゲットを明確化し、商品特長をわかりやすく伝えるクリエイティブを役員へプレゼンテーション。

<費用>16,000円/人(税別) ※費用は学生負担となります。
<募集方法>大学のキャリアセンターなどで他のインターンシップ情報と一緒に本プログラムの資料を置いて頂き、興味のある学生がいたら説明してください。
<実施までの流れ>①大学からのご相談 ②インターンシッププログラムの開発 ③告知 ④実施


【B】科目受託事業
<概要>大学の正規科目をMirai Shipが受託して担当
<科目>①キャリア系科目 ②インターンシップ系科目 全15回を担当
<対象学年>1~4年生
<シラバス>※お問い合わせください
<費用>※お問い合わせください
<実施までの流れ>①大学からのご相談 ②シラバス開発 ③実施

​■研究実績​■
●2018年9月4日:日本インターンシップ学会 第19大会 研究発表
題目:「企業での実践から考察するインターンシップの今後の役割-55大学の学生が参加した『Mirai Ship』のニーズ対応から―」@香蘭女子短期大学 1号館2階 D会場@福岡県
●2018年9月5日:初年次教育学会 第11回大会 研究発表
題目:『1・2年生からのインターンシップ体験によって学習意欲を向上させる試み -大学1・2年生向けインターンシップ『Mirai Ship』の実践から-」@酪農学園大学
●2018年12月1日:日本インターンシップ学会 東日本支部 2018 年度第2回研究会
題目:「学年別インターンシップ体験のモデル化へ向けた検討-1・2 年次で体験した大学生へのデプスインタビュー調査から-」@青森中央短期大学
●2019年9月1日:日本インターンシップ学会 第20回研究大会
題目:「就活ルール廃止へ向けたインターンシップとコーディネーターに求められる役割の変化 ‐企業と学生の行動変化からの考察‐」@近畿大学
●2019年9月8日:初年次教育学会 第12回大会
題目:「企業の要望に応える低年次生からの企業連携の実践 ―インターンシップとPBLのコーディネイトからの視点―」@創価大学
●2020年7月26日:日本インターンシップ学会 東日本支部 2020年度第1回研究会
題目:「ミライシップによるオンラインインターンシップの取組み-目白大学メディア学部の事例を中心に-」@オンライン


■企業情報■
<企業> TOiRO株式会社(〒101-0061 東京都千代田区神田三崎町3-7-12 清話会ビル3階)
<HP>https://10color.jp/
<事業内容>人事コンサルティング、キャリアコンサルティング、人財教育事業
<関連サービス>
①Mirai Ship-産学連携型キャリア教育プログラム事業
https://mirai-ship.jp
②updraft-スポーツ領域特化型個人・組織コンサルティング事業
https://updraft-sports.jp
③Jomado-女性に特化したコミュニティ運営事業
https://josei-madoguchi.com

<加盟>日本インターンシップ学会 法人会員
<担当>Mirai Ship プログラム開発室


【本件に関する報道関係者からのお問合せ先】
TOiRO株式会社
広報:森髙 (もりたか)
Tell:080-2193-9498
Mail:yuka.moritaka★10color.jp(★を@に変えてお送りください)

上記の記事はPRtimesへの掲載情報と同様のものです。
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000004.000060731.html

関連記事

カテゴリー

アーカイブ